ランプを買った

カテゴリ:自転車

ランプは、レイダックの前に乗っていたスポルティーフからの移植で、前輪のハブにぶら下げる形の、懐中電灯形のバッテリーランプを使っていたんですが、さすがに今時これでは暗すぎです。電池の消費も多いし。そこで営業時間が終わるのをまって、後片付けの前に、近所のイナイにランプを買いに行きました。

店には、最初の目当てだった白色LEDタイプの他に、キセノン電球のタイプと、通常の電球のものがあって、展示品で比べられるようになっていました。それで試したところ、LEDは一見明るいんですが、前方を照らす力はあまりないようです。通常電球のタイプは、電池が少なくなっているのか、暗かった。車からの視認性はLEDが一番いいんでしょうが、通勤路は明かりのない場所もあるため、路面が確認できた方がいいので、前方を照らす効果の高いキセノンのタイプを買いました。

051201.jpg
これにブラケットがついていて、ハンドルバーに取り付けるようになってます。が、取り付けようとしたら・・・・固定できない。なんとハンドルバーが太すぎて、固定ネジが届かなかったのです。がっくし。結局ホームセンターに売ってるのって、普通の自転車向けで、普通の自転車のハンドルバーは鉄製だから、細いんですよね。しかたないので、ランプホルダのカムとネジをはずして、工具箱から長目のネジとナットを探して交換しました。あとはハンドルをブルホーンに交換して、シフトレバーもハンドルに移動したいと思ってます。

アイコン