RunUO覚え書き

カテゴリ:ゲーム

インストール

以下は、RunUO2.0RC1+Nerun's Distro5.0.7の組み合わせの例です。Nerun's Distro5.0.7は、RunUO2.0RC2に対応していません。

  1. UOクライアントをインストール。パッチを全部あてる。クライアントパッチは5.0.9.1まで当てる。6以上当てると、RC1ではログインできなくなります。
    パッチを5.0.9.1で止める方法:UOのパッチフォルダにXXXXX_win32_6-0-0-0.rtpという名前のファイルを作って、読取専用属性にしておく。XXXXXの部分はクライアントのバージョンによって違うようです。パッチ当て中にパッチフォルダをのぞいて、ファイル名をチェックしましょう。
  2. Ultima Online 2D/Login.cfgをエディタで開いて、最後の行に「LoginServer=サーバーのIPアドレス,2593」を追加。他は行頭に「;」を追加してコメントアウトしておきましょう。
  3. マイクロソフトのサイトから.NET Framework Version 2.0を手に入れてインストールします。Windowsアップデートもあてましょう。
  4. RunUO.comフォーラムでアカウントを取得しましょう。英語ですが、がんばりましょう。
  5. RunUO2.0RC1をダウンロードして、インストールします。
  6. RunUO/Scripts/Misc/ServerList.csをエディタで開いて、23行目「public static readonly string Address = null」にサーバーのIPアドレスを書き込みます。
    ex:public static readonly string Address = "127.0.0.1"
  7. UO RICEをダウンロード、解凍して実行。クライアントのフォルダにNo_Crypt_Client_2d.exeが出来る。以後これがクライアントになる。
    現在、配布元が行方不明になっていて、UO RICEは手に入らなくなっています。移転先を発見された方は、コメントで教えていただけるとありがたいです。
  8. Nerun's Distroをダウンロード。解凍して、DataフォルダとScriptフォルダをRunUOフォルダに上書き。
  9. Scripts/Mobiles/PlayerMobile.csの3180行目あたりに余計な文字「・」がたくさん入っているバグがあるので、消しときましょう。

遊ぶ

  1. RunUO起動。初回起動時に管理者アカウントを作るよう言われるので、作る。
  2. No_Crypt_Client_2d.exeを起動。管理者アカウントでログイン。管理者用のキャラクタを作る。
  3. [spawnerコマンドでPREMIUM SPAWNER起動。
  4. 2ページ目下「Clear All Facets」クリック。
  5. 1ページ目上「Create world gump」クリック。OKEYクリック。
  6. 1ページ目2段目「Spawn <名前>」をクリック。しばらく待てば世界構築完了。
  7. ユーザーアカウントはクライアントで適当にアカウント名とパスを入れてログインすれば、アカウントが出来る。

スポーン設定

  1. [add premiumspawnerでジェム設置。[dupeで複製を一個持っといてそれを[dupe、[moveで設置していくと楽。
  2. ジェムをダブルクリックしてCreatures Listにyoungroninとかinnkeeperとかモバイルオブジェクトの名前を入力してOkey。
  3. 再びジェムをダブルクリックして、左の矢印をクリックするとスポーンする。
  4. PropertiesをクリックしてCountの値を変えるとスポーン数が調節できる。

お片付け

  1. [admin
  2. ADMINISTER>Server>ShutDown[With Save]

補足

  • 本家で遊んだ経験がないと、たぶんほとんど要領を得ない。一部クエストとか未設置だし。
  • UOAMはそのままでは使えないようだ。
  • サーバーとクライアントを1台で賄えないこともないけど、別にした方がきっと幸せ。
アイコン