GT3でラグナ・セカ

カテゴリ:ゲーム

朝から雨が降ってたので、掃除したり、外でお昼したり。

で、帰ってからすることもない(実はあったんだけど、忘れてた)ので、GTコックピットを引きずりだし、GT3で遊びました。

GTモード>プロフェッショナル・リーグ>レース・オブ・ターボ・スポーツ>アプリコット・ヒルで15周。インプレッサWRX STIで走る。LSDを調整し、アンダーを強めにして、ブロックラインでガシガシ攻めます。実車のレースなら、たぶん黒旗ですね。

続いて、グランツーリスモ・オールスターズ>第1戦ラグナ・セカを、オペル・アストラ・ツーリングカーで15周。予選で2位のタイムにつけるも、1位のニッサンR390が段違いに速い、が、これが、コンピューターが下手です。飛ばしすぎで、しょっちゅうコースアウトします。ミスなく走れば、じゅうぶん付いていけます。

決勝。R390のコースアウトに巻き込まれないよう、少し離れてついていき、最終ラップのコークスクリューで、必殺のザナルディライン。アタマを抑えてフィニッシュ。

ラグナ・セカは、走って面白いコースです。走って気持ちいいのは、東京R246。東京R246は、実際の道路より広いような気がします。カメラの効果かも。

眠くなったので、ひと眠りしたあと、バイクをかまいました。

ずっと気になってる、アルミパーツの粉ふき状態。ピカピカとまではいかなくとも、粉ふき状態はなんとかしたいです。とりあえず、模型用のモーターツールにワイヤブラシをつけて回してみました、が、トルクが足りなくて止まってしまいます。あたりまえか(笑)

ハンドドリルがあるので、こんど真鍮ワイヤーブラシのエンドを買ってきて、やってみます。うまくいったら、外せる部品は全部外して、磨いてみようかな。

アイコン