IS06のポータブルアクセスポイント設定

カテゴリ:Ubuntu IS06

IS06の動作が重たくなってきたので、初期化しました。

初期化すると、「無線とネットワーク」から「テザリングとポータブルアクセスポイント」の項目が消えてしまうので、再設定しなければなりません。

いったん設定するとめったに触らないので、備忘録もかねて、手順解説です。

IS06の管理者権限を取得する

Android端末の管理者権限を取得する方法は、機種やそのファームウェアバージョン等によって、さまざまかつ複雑ですが、IS06の場合、IS06rootkitを使用することで簡単に取得できます。

この作業は、Windowsから行います。

IS06rootkitは、こちらからダウンロード出来ます → 時雨の日記。 » IS06rootkit ver0.1 リリース

アーカイブのreadme.txtにしたがって作業し、IS06の管理者権限を所得します。

Android SDKをインストール

ここからはUbuntuでの作業です。

Android SDKにはWindows版もありますが、このあとはカスタマイズになるので、常用のUbuntuに作業環境をつくります。

Ubuntuの管理者でログインして作業します。

Android Developpersにアクセスして、「Get the SDK」から、Android SDKをダウンロードします。

アーカイブを展開して、android-sdk-linuxを、/etc/に移動します。

ホームディレクトリの.profileを開き、文末にパスの設定を追記します。

# Android SDK
    PATH=$PATH:/etc/android-sdk-linux
    PATH=$PATH:/etc/android-sdk-linux/tools
    PATH=$PATH:/etc/android-sdk-linux/platform-tools

端末から

$ source ~/.profile

と入力して、パス設定を有効にします。

続いてSDKのパッケージをインストールします。

すべてのパッケージをインストールする必要はないので、Android SDK Managerを使って、必要なパッケージだけをインストールします。

端末から

$ android

と入力すれば、Android SDK Managerが起動します。

まず、Android SDK Platform-toolsをチェック。

そして、IS06が最新状態なら、Androidのバージョンは2.2.1なので、Android 2.2(API 8)をチェック。

「Install ‥ pakage」のボタンをクリックすれば、パッケージがインストールされます。

PCから管理者でアクセス

PCからIS06に、管理者でアクセス出きるようにします。

IS06の「設定」を開き、アプリケーション > 開発 > USBデバッグを有効にして、USBケーブルでPCとつなぎます。

Ubuntuの端末を開いて

$ adb shell

と入力して、シェルを起動します。

コマンドプロンプトが「$」のみになるので、続いて

$ su

と入力すると、IS06にSuperuserのリクエスト画面が表示されます。

「記憶する」をチェックして、「許可」をタップします。

端末のコマンドプロンプトが「#」に変わったら、管理者でのアクセス成功です。

これで準備ができました。

Tethering Feature Activation Settingの呼び出し

端末から

# am start -n com.pantech.app.wifitest/.TetheringActivation

と入力します。

IS06にTethering Feature Activation Settingの画面が表示されるので、チェックを入れて「Tethering Feature ON.」にします。

これで、「無線とネットワークの設定」に「テザリングとポータブルアクセスポイント」の項目が表示されるようになります。

後始末

adbのshellおよびadbを終了するには

# exit

と入力し、続いて

$ exit

と入力します。

アイコン