アニメ版「指輪物語」

カテゴリ:映画

昨日、初めてPS2をDVDプレイヤーとして使いました。

近所のレンタルビデオ店に、指輪物語のアニメ版(こないだの映画より古い作品)が、DVDでたくさん出てました。前にビデオで見たやつだと思って、DVDで見るとどんなだろうと思って、借りて帰りました。その日はUOやって寝て、翌日、晩御飯食べながら見ました。

この作品は、公開当時は駄作と評されていたと読んだことがありますが、私はけっこう好きです。実写で撮影したものをトレスしてアニメーションにすると言う方法で作られていて、画面に独特の雰囲気があります。結果的にリアリティとファンタジィの調和がうまく取れて、いい表現方法だと思います。キャラクタデザインは日本人好みではないけど。多分当時は、実写では表現できないし、お金がかかりすぎると判断されて、こう言う方法がとられたんじゃないかと想像します。後にその想像が確信に変わるのですが.....

見初めてすぐ、「なんか、カットされてない?」と思いました。ケースに入っているカードを見ると、どうも全編入ってるようです。前にビデオで見たやつは、ブルネインの渡しのところで終わっていたのが、コレはその続きもあります。演出やキャラクタが同じなので、どうやらリメイクかなんかみたいです。多分その過程でカットされた部分があるんだろうなと思いました。ストーリー構成や美術に、映画との共通部分を見つけたりして、映画はこの作品の影響を受けているらしいことを感じます。

場面は、ゴクリ(ゴラム)がフロドとサムをシェロブの住みかに誘い込むシーン、そして、ゴンドールの戦いの場面になり、もうすぐ終わりかな、と思って見つづけていると・・・・ナレーションが入ってエンドロール。

なんとこの作品。一番肝心な、モルドールの滅びの亀裂のシーンがありません。

他のエピソードを削るのはわかります。映画もそうでした。この話長いですもんね。でも、旅の目的であった指輪が滅びるシーンを削ってくるとは・・・「指輪」物語なのに・・・・

実写をトレスしてアニメ処理をするという方法を思いついたものの、途中で非常に手間とお金がかかることに気づき、しかし気づいたときにはすでにプロモーションはすみ、製作は進行し、後にはひけない状態。迫る公開日!迫る借金取り!!ええぃ!このまま出しちまえ!!かくして滅びの亀裂のシーンはすっぱり・・・という一連の流れを想像しましたが、さて。

アイコン