esのBU-353認識問題

カテゴリ:W-ZERO3[es]

ウチで一番人気の記事、W-ZERO3[es]でGPSですが、そのネタであるコメットUSB/3ことSiRFstarIII BU-353。たまに認識されなくなるという話は、記事のコメント欄でもありました。
そんな時、私の場合、電源再投入してみたり、リセットしてみたりして再認識させていたのですが、この原因について詳しい解説を、ホーミン氏が書かれてました。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hou_ming_2/comment/20070206/1170762923
なんか、MS-DOS時代を思い出してしまう話ですが。ともかく結局、リセットしたり電源再投入でうまくいっていたのは、それでドライバが再配置されて、USB232.dllが入る場所があくからだったわけですね。なるほど。

そして、問題のあるドライバを再配置して、新たなドライバをロードするための場所をあけるツールも、同時に公開されていました。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/
下のほうにあるRelocateLMDllがそれです(RelocateTodayDllも持っとくと良いみたい)。

「W-ZERO3[es]でGPS」での使い方としては、私が試したところでは、こんな感じでした。

  • BU-353が232USBで認識出来ない場合は、いったんBU-353を外してRelocateLMDll.exeを実行し、232USBで認識操作を行う。
  • 使えていたBU-353が使えなくなった場合は、BU-353を外してRelocateLMDll.exeを実行し、BU-353を再接続。

とりあえず、スタートメニューの中にRelocateLMDll.exeのショートカットを作っておきましたが、スタートアップ内に入れておいても良いみたいです。

これで、これから出かけようって時に動かなくて結局ログが取れなかった、なんて事がなくなりますね。ほんと、ありがたいです。

アイコン