アイコン アイコン

わからない・・・「魔法少女まどか☆マギカ新編 叛逆の物語」を見ました

カテゴリ:映画

どうもスッキリしないので、どこがすっきりしないかを、文章にしながら、考えてみました。

前作では、まどかの願いは成就し、しかしほむらは、自身のソウルジェムを濁らせきって魔法少女としての最後を迎えるその時まで、大好きなまどかに会うことは出来ないという悲しさで、結末を迎えました。

そのことから、今作では、ほむらが魔女になってまどかに救われるまでの流れを、再び見る側の既成概念を前提とした意外な展開のドラマに落とし込むのではと、予想していました。

その予想は、おおかた合っていたのですが・・・

いきなりラストの話へとびます。

「円環の理」こと、鹿目まどかを観測し、そのメカニズムを解明して制御しようとする、インキュベーターたち。

そのインキュベーターが作る閉鎖空間内の、自身のソウルジェムの中、図らずも自分自身の欲望が作り上げた世界で魔女となってしまった(正確には、これも「作り上げた」ですが)暁美ほむらですが、インキュベーターの目論見を阻止するために、閉鎖空間の中で、魔女として永遠の絶望に陥ることを選択します。

しかし、そんなほむらにより、彼女のソウルジェムの中の世界に取り込まれた、かつての仲間たちは、彼女もやはり「円環の理」に救われるべきであり、なにより親友との再会を果たせるべきであるとして、尽力します。してしまいます。

しかしそれは、まどかを、インキュベーターのものにしてしまうことであるのに。

そこでほむらは、一計を案じます。

友人達が閉鎖空間を破壊するのは、もはや時間の問題。止められない。では、どうするか。

閉鎖空間は破壊させておいて、現実世界ではまだ魔女化していない自分をまどかが救いにくるタイミングで、まどかを捕らえ、まどか込みで再び世界を根本から構築しなおしてしまおう、と考えます。

この辺まではわかります。

解らないのは、まどかが救いに来たタイミングで、ほむらの

「この時を待っていたわ(ニヤリ)」

です。

彼女を取り込んで世界を破壊、再構築する行為は、まどかを制御しようとするインキュベーターの目的に似たものであり、彼女にとっては、苦渋の選択であったはずです。

なのに、

「待っていたわ(ニヤリ)」

は、どうなんでしょう?

自分なら

「ごめん、まどか!」

にしたと思います。

まどかがインキュベーターのものになるぐらいなら、それがたとえまどかを、自分自身にとって都合の良い存在にすることであったとしても、それで自身が悪魔になってしまうとしても、かまわない、だからまどか、ごめんなさい、というのが、自然の心の動きであろうと思うのです。

その後、再構築した世界で、最悪にして最善の選択であったことを、まどかを見るたびに苦悩しながら生きていく、ほむら。

そういう結末でよかったのでは、と思います。

なぜ、以前から周到に計画した罠に、ターゲットをうまくはめたような台詞に、なったのでしょう?

わからない・・・

もし次回作があるのなら、そこで語られるのかもしれません。

アイコン