映画「若おかみは小学生!」についての感想まとめについて少し

カテゴリ:映画


映画レビュー「若おかみは小学生!ってホントに"感動的"な映画ですか?」

どうやら「滅私奉公」という言葉を、「自分の利を捨ててでも相手の利になるようにする」かのように捉えている人がわりと多いみたいです。まぁそういう経営者のニュースや記事も少なくないので、さもありなんと思いますが。

「奉公」とは本来、公職につくことで、「個人の利益を捨ててでも公に仕える」ことを意味します。しかし現代の「奉公」はあくまで「業(ぎょう)」であるから、当然、奉仕に見合う代価をいただきます。
いわゆる「サービス業」ですね。

踏まえて。

接客業も業であるから、描写はありませんが、当然おっこも代価をもらっているはずです。この点は「ブラック」ではないか、慎重を期すなら「不明」ですね。

なし崩し的に女将見習いをするに至った点は「ブラック」といえそうですが、そこがこの物語のフィクションとしてのキモでしょう。

劇場版の劇中では周囲の勘違いから女将見習いが許可されますが、現実には、おっこがやりたいと訴えても、やらせることはありえません。なぜならおっこは12歳で、法的に15歳以下を労働者として雇うことは出来ないからです。

さらに、これは劇中で真月に言及させることでメタ表現になっているのが面白いところですが、子供が接客に出てくると、お客さんのほうが気を使ってしまい、本末転倒です。

だから、どういう経緯であれ、小学生のおっこが女将修行をする時点でウソなので、そこに突っ込んでも仕方がないと言えるのではないでしょうか。

などと考えると、「若おかみは小学生!」というタイトルは、実に上手いタイトルのつけ方だと思います。

物語中最大のウソを、受け手にタイトルで説得してしまっているのだから。

タイトル末尾に「!」がついている理由も、「これはそういう話ですよ!」と強く説得する意味かもなんて想像したり。

アイコン

わからない・・・「魔法少女まどか☆マギカ新編 叛逆の物語」を見ました

カテゴリ:映画

どうもスッキリしないので、どこがすっきりしないかを、文章にしながら、考えてみました。

前作では、まどかの願いは成就し、しかしほむらは、自身のソウルジェムを濁らせきって魔法少女としての最後を迎えるその時まで、大好きなまどかに会うことは出来ないという悲しさで、結末を迎えました。

そのことから、今作では、ほむらが魔女になってまどかに救われるまでの流れを、再び見る側の既成概念を前提とした意外な展開のドラマに落とし込むのではと、予想していました。

その予想は、おおかた合っていたのですが・・・

いきなりラストの話へとびます。

「円環の理」こと、鹿目まどかを観測し、そのメカニズムを解明して制御しようとする、インキュベーターたち。

そのインキュベーターが作る閉鎖空間内の、自身のソウルジェムの中、図らずも自分自身の欲望が作り上げた世界で魔女となってしまった(正確には、これも「作り上げた」ですが)暁美ほむらですが、インキュベーターの目論見を阻止するために、閉鎖空間の中で、魔女として永遠の絶望に陥ることを選択します。

しかし、そんなほむらにより、彼女のソウルジェムの中の世界に取り込まれた、かつての仲間たちは、彼女もやはり「円環の理」に救われるべきであり、なにより親友との再会を果たせるべきであるとして、尽力します。してしまいます。

しかしそれは、まどかを、インキュベーターのものにしてしまうことであるのに。

そこでほむらは、一計を案じます。

友人達が閉鎖空間を破壊するのは、もはや時間の問題。止められない。では、どうするか。

閉鎖空間は破壊させておいて、現実世界ではまだ魔女化していない自分をまどかが救いにくるタイミングで、まどかを捕らえ、まどか込みで再び世界を根本から構築しなおしてしまおう、と考えます。

この辺まではわかります。

解らないのは、まどかが救いに来たタイミングで、ほむらの

「この時を待っていたわ(ニヤリ)」

です。

彼女を取り込んで世界を破壊、再構築する行為は、まどかを制御しようとするインキュベーターの目的に似たものであり、彼女にとっては、苦渋の選択であったはずです。

なのに、

「待っていたわ(ニヤリ)」

は、どうなんでしょう?

自分なら

「ごめん、まどか!」

にしたと思います。

まどかがインキュベーターのものになるぐらいなら、それがたとえまどかを、自分自身にとって都合の良い存在にすることであったとしても、それで自身が悪魔になってしまうとしても、かまわない、だからまどか、ごめんなさい、というのが、自然の心の動きであろうと思うのです。

その後、再構築した世界で、最悪にして最善の選択であったことを、まどかを見るたびに苦悩しながら生きていく、ほむら。

そういう結末でよかったのでは、と思います。

なぜ、以前から周到に計画した罠に、ターゲットをうまくはめたような台詞に、なったのでしょう?

わからない・・・

もし次回作があるのなら、そこで語られるのかもしれません。

アイコン

大特撮「ネギマン」撮影好調~3

カテゴリ:米子映画事変 映画

※記事の最後に告知があります

撮影3日目。この日は、ラスト付近の、米子鬼太郎空港から國曳先生が旅立つシーンの撮影から、スタートです。

この日は、スタッフと、ごく少数のエキストラさんを導入しての撮影となりました。私は観光客役とスタッフでの参加です。

20120702094012.jpg
麻友ちゃんへの演技指示、立ち位置の確認など

空港売店の方々は、事前に知らされていなかったのか、撮影の様子を興味深く見ておられました。

20120702094805.jpg
國曳先生のアップ
20120702094825.jpg
いつもかわいい小川真澄さんと、べつの意味でかわいい助監督の阿部ちゃん
20120702095851.jpg
開発中!

撮影は順調にすすみ、お昼前にはここでの撮影は終了しました。つづいて米子市内某所に移動し、スタジオでの撮影です。

スタジオ内にはステージが作られ、LEDによる照明が取り付けられています。LEDは熱をほとんど出さないので、暑くならないのが利点です。

また、赤井監督によると、不活性ガスを封入した既存の電球に比べて、落下して外殻が破損しても、中の素子が無事なら問題なく発光するので、取扱いが楽だとのこと。

他にも、国内産と国外産では明るさと値段がかなり違い、CPは国外産のほうがよい、など、興味深いお話もありました。

20120702164042.jpg
ヨナゴフィルム特撮スタジオ

スタジオ外にグリーンバックを貼り、合成要素材を撮影します。

20120702143335.jpg
前回はビニールシートでしたが、今回はいいものです
20120702150017.jpg
映画撮影感ありますね

この日は滞りなく順調に撮影がすすみ、明るいうちに終了しました。

20120702161934.jpg
お疲れさまでした

翌日、市内某所のライブハウスでアフレコが行われました。
これで役者パートの撮影は終了です。

つづく。

【レベル10】【レベル10】【レベル10】 【緊急】 【レベル10】【レベル10】【レベル10】

来る7月7日(土)、またまた松江市内で大特撮「ネギマン」の撮影が行われます。

参加された方にはもれなく、出演した人しかもらえない、出ないとあげない、ネギマン記念グッズをプレゼント!

詳しくは、ヨナゴフィルムまでお問い合わせください。

つづく。

アイコン